teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:27/101 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アマゾン川とその支流の水位

 投稿者:一木 晃一  投稿日:2008年 2月22日(金)10時34分28秒
  通報
  アマゾン川とその支流の水位は、雨季と乾季で8-10mも変化すると言われています。洪水地帯は水性動植物にとって重要な生育地であり、気候変化に欠かせないメタン及びその他微量ガスの源となっています。洪水分布の正確な情報は、植物の生育可能性評価の改善と大気中に放出する微量ガスの地域分布の算出に必要とされていますが、現在のところ、洪水の時系列かつ空間的変化の知見が不足しているため正確な洪水量の評価がなされていません。アンデス山中その源を発し、大西洋に注ぐアマゾン河総延長8300km、ナイル川よりも1610kmも長く水系のネットワークの流域面積は705万平方キロメートルで南アメリカ大陸の40%以上を占めており世界第2位のコンゴ川の約2倍もある。さらに驚くのは年平均流水量だ22万5000トン世界2位以下の13大河をあわせた以上の流水量何もかも断トツの世界一の超大河アマゾンスケールは世界の大河とはまるで違う。幻の源流はアンタレナンス付近のアルペンチノ湖付近の山の氷河が源流となっていることが分かってきた。オグリマップ川よりさらに下流のウカヤリ川に合流している強い流れが発見されてこの川がアンデス山脈の氷河の下側を縫うように流れて合流していたのだ。この川はなんと南米大陸アンデス山脈の最南端のアルペンチノ湖付近の山が源流だった。この付近はしょうがでグリーンランドや南極大陸状態になっている。海抜以下まで氷の山なのだ。幻のアマゾン川の源流といわれる、この山からは「15少年漂流記」で有名なハノーバ島が天気がいいと見えるそうだ。まだ探検中でなんともいえないが、これが本当だとアマゾン川の長さはなんと2万KM以上にもなる。しかしレーダーセンサは、雲を透過するだけでなく、増水によって樹冠が浸水した森林域とそうでない地域とを区別することが可能です。この画像は、アマゾン洪水期のジャウ川における水位の空間分布を示しており、洪水期間を色分けして表しています。ジャウ川の水位は、雨季と乾季では8m程度変化していることが分かります。このように熱帯雨林地域における洪水の時系列かつ空間分布が明らかにされたのは初めてのことです。将来的には、ここで開発した手法はアマゾン川流域の広範囲モザイクデータセットを利用することにより、アマゾン川全流域に適用することが可能です。  
 
》記事一覧表示

新着順:27/101 《前のページ | 次のページ》
/101