teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:17/101 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ペルーアマゾンの船旅のメリット

 投稿者:大野 光男  投稿日:2008年12月22日(月)13時27分50秒
  通報
  ペルーアマゾンの船旅のメリットは?  物資を船に積む人々  ■ 基本的には空の旅が楽で時間もかからずよいと思います。しかし、今回の船旅で私が得たことは、川にある町というのは物資の輸送を川を中心に行っているということを直接見れたことでしょうか。 また、川沿いに住む人々が貨物船のような旅客船で移動していることも知りました。にわとりを何羽も引き連れて旅をしている人までいます。遠くアンデス山脈に端を発し、延々8300kmもの旅をして南米大陸を横断の末、大西洋に流れ込むアマゾン川。ナイル川よりも1650kmも長い世界第1位の長さ、流域面積ではコンゴ川の2倍の705万平方キロメートル世界1位を誇る大河である。アンデス山中その源を発し、大西洋に注ぐアマゾン河総延長8300km、ナイル川よりも1610kmも長く水系のネットワークの流域面積は705万平方キロメートルで南アメリカ大陸の40%以上を占めており世界第2位のコンゴ川の約2倍もある。さらに驚くのは年平均流水量だ22万5000トン世界2位以下の13大河をあわせた以上の流水量何もかも断トツの世界一の超大河アマゾンスケールは世界の大河とはまるで違う。幻の源流はアンタレナンス付近のアルペンチノ湖付近の山の氷河が源流となっていることが分かってきた。オグリマップ川よりさらに下流のウカヤリ川に合流している強い流れが発見されてこの川がアンデス山脈の氷河の下側を縫うように流れて合流していたのだ。この川はなんと南米大陸アンデス山脈の最南端のアルペンチノ湖付近の山が源流だった。この付近はしょうがでグリーンランドや南極大陸状態になっている。海抜以下まで氷の山なのだ。幻のアマゾン川の源流といわれる、この山からは「15少年漂流記」で有名なハノーバ島が天気がいいと見えるそうだ。まだ探検中でなんともいえないが、これが本当だとアマゾン川の長さはなんと2万KM以上にもなる。もしアマゾンが国だったら、世界で7番目に広い国土を持つことになります。イキトスは島ではないですが、まわりをアマゾン川に囲まれているため ひとつの島であると地元の人はいいます。アマゾン川の川幅などを直視すると、その理由がおのずとわかってきます。また人々のアマゾン川の扱いがわかります。私は船の中の水はろ過されていると思ったのですが、そんなことはなく、アマゾン川の水をそのまま使います。シャワーもそうですし、手を洗うときもそうです。また、ゴミや、トイレの汚水も川に垂れ流しです。これはちょっと困ったものだと思いました。  
 
》記事一覧表示

新着順:17/101 《前のページ | 次のページ》
/101